10月, 2015

ドラムセットの使い方など

ドラムセットは、様々な大きさの打楽器を一人の奏者に演奏できるように一体化させたものです。

たいてい椅子に座ってプレイします。
たいていポピュラー音楽で用います。

トロンボーンは金管楽器の仲間になり、長いU字型の2つの管を繋いで合わした形状を持ち、スライドを伸ばしたり縮めたりして音程の高低を生み出します。クラシック音楽をはじめ、いろいろな分野で使用されています。ユーフォニアムは吹奏楽で使われる楽器の仲間になり、数回巻かれた円錐管と、通常4つのバルブを持ちます。

柔らかく丸みのある音を発します。それぞれの国おいて多くの形状のユーフォニアムが見られます。
チューバは吹奏楽で使われる楽器のひとつの種類であり、一般にチューバと呼ばれる楽器は、変ホ調、ヘ調、ハ調の調性を持つと知られています。

これらのチューバは管弦楽や吹奏楽において一人から大人数の演奏に至るまでとても広く使用します。

フルートは管楽器の仲間であり、リードを使用しないエアリード式の横笛になります。
キーを右側に構えて、左手の人さし指の付け根と下あご、右手の親指で支えることになります。共鳴する管の長さを変えたりして音の高さを変化させます。

新興企業はブラックになりやすい?

ベンチャービジネスと同様にかつてからの企業でも労働組合との関係がなくなり、長時間労働を課したり、大規模な解雇、加えて困惑するようなことを駆使しての辞職の強制も目立っています。

ブラック企業として「新興企業」という事があります。なので、伝統的な経営をしている中小企業はブラック企業として見なされません。

確かに、ベンチャー企業は人材募集のサイクルを大きく超える速度で大きくなるためにブラック労働を強いてしまいがちです。

けれども、現実では伝統的な企業にもブラックとしか言いようのない企業は出てき始めています。

残念ながら、大手の家飲料メーカーでも、ここ2,3年で次から次へと過労死を出しています。とは言っても、昔の日本企業の経営の特徴は、社員は企業にがんじがらめにされる代わりに、それ相応の報酬もありました。例え、不況になったとしても解雇にはならない「終身雇用」という制度が当たり前とされていました。
ブラック企業について論議していると、必ずと言っていいほど会話に出てくる意見があります。
「古来より日本はブラック企業だらけだ」という意見です。

事実、日本の企業には昔から社員が長時間勤務したり時間外労働手当を貰えない残業が見られました。

カテゴリー
お気に入り